!

{{ language.body }}

{{ selectedMarket.id ? selectedMarket.name : language.viewAllMarkets }}
{{ selectedMarket.id ? selectedMarket.name : language.viewAllMarkets }}
ロード中…

経営陣 スティーブン・ ファイフ ライフバンテージ米国本社 社長兼CEO

スティーブンは、科学に基づいた製品を適切な価格で市場に提供すること、それと同時に、会社が最大限の力を発揮することに熱意を持っています。

スティーブン・ファイフは期待を上回ることを好みます。という言い方でも、まだ控えめかもしれません。なぜなら、彼の経歴と実績は疑いもなく私たちの期待を上回っているからです。

スティーブンは30年以上にわたる豊富なファイナンシャルのリーダー的経験をライフバンテージにもたらしてくれます。全体を見据えた戦略的思考と献身的な働きぶりで、ライフバンテージの成長戦略に注力するのはもちろん、顧客、株主、従業員への価値創出することで健全なファイナンス組織を構築します。

スティーブンは、科学に基づいた製品を適切な価格で市場に提供すること、それと同時に、会社が最大限の力を発揮することに熱意を持っています。ライフバンテージの一員となる以前は、Evidera社の最高財務責任者と最高執行責任者として勤めていました。同社は製薬会社に結果研究やデータ解析、疫学サービスを提供する未公開株式企業です。

Evidera社の前には、Active Power、LECGといった複数の株式公開企業で最高財務責任者を歴任しており、その他Gilead Sciences、Amkor Technologies、JDS Uniphaseで財務担当の要職を務めていました。

こうした経歴から、スティーブンがライフバンテージ米国本社 社長兼CEO、最高財務責任者という職務に非常に適した人物だということがおわかりいただけます。

スティーブンはカリフォルニア州の公認会計士資格保有者でもあります(現在は活動を行っていない)。ブリガム・ヤング大学の会計学の学士号を取得。

経営陣 ジュリー・ ボイスター 最高マーケティング責任者

ジュリーはアリゾナ州立大学にてジャーナリズム&マスコミュニケーションの学士号を取得しています。

ジュリー・ボイスターは、2022年1月に最高マーケティング責任者としてライフバンテージに入社しました。戦略的で情熱的なマーケターである彼女は、成長するためには常に「理由 (Why)」に強くフォーカスする必要があると考えています。

「ライフバンテージがブランドとしての存在意義と、提供する唯一無二の価値が明確であれば、優先順位が明確になります」と、彼女は述べます。「創造性に富んだ製品、記憶に残るブランディング、有意義な顧客体験、そして組織を前進させるデータ主導型のキャンペーンを生み出すのは、このフォーカスなのです」。

ジュリーは、小売業や直接販売分野の有名ブランドにて、チームビルディング、戦略立案、オムニチャネル・マーケティング・プログラムの実行など、幅広い経験を有しています。さらに、健康食品会社であるPlexus Worldwide 社のマーケティング、コミュニケーションチームやデジタルチームを率いた経験もあり、ダイレクトセールスにおける強力な実績と経歴の持ち主であります。また在職中には、それらの各部門を統括し、同社の急成長とデジタル変革に貢献しました。

ジュリーは、プライベートでも、仕事でも、自身のコアバリューである「感謝の念」「優しさ」「気概」を持ち続けるように努めています。彼女は懸命に働きながら、物事の良いところを探し求め、その大局的な視点によってバランスを維持しています。「すべての人が、貢献できる、価値のある何かを持っていると信じています。そのような多様な強みを探し出し、それを称えるために日々働いています」と、彼女は述べます。

経営陣 アリッサ・ ノイフェルド 法務担当役員

成功とはチームの全員が一枚岩となって協力し、切磋琢磨していくことだと、アリッサは考えています。

アリッサ・ノイフェルドは、人や人の織りなすストーリーを愛してやみません。自分の顧客やチーム、関係者などの人となりを知ることを、キャリアの出発点からずっと重視してきました。法的手続きさえも楽しく感じさせてくれる、彼女の周囲を明るくするパーソナリティは、法律の世界では貴重です。アリッサは、ライフバンテージの魅力について、「エネルギッシュで才能あふれる人材にある」と考えています。快活で頭脳明晰なアリッサは、すぐにもライフバンテージに欠かせないメンバーとなってくれることでしょう。

ライフバンテージの法務担当役員として、アリッサはリスクを最小化しつつビジネスを成長させるバランスを担います。アリッサの法曹人としてのキャリアは、19歳の時に州の裁判所の判事助手を務めたことに始まりました。その後、弁護士アシスタント、ロースクール修了後は第9巡回裁判所の書記官、大手法律事務所のM&A部門、そして企業の法務担当という広範にわたる経験を積んで、この度ライフバンテージの法務担当役員に就任しました。

成功とはチームの全員が一枚岩となって協力し、切磋琢磨していくことだと、アリッサは考えています。包括的であることをモットーとし、自身のチームにも多様性を重視するよう指導していきます。彼女のリーダーシップの下、才能ある人々が結集しさらに大きなインパクトを与えるべく行動してくれるものと期待されます。

経営陣 マット・ クーリー 最高執行責任者

マットの仕事の流儀は、どこで何の仕事をしようとも必ずポジティブな影響を周囲に与えることです。

マット・クーリーの強みは、好奇心と問題解決への飽くなき挑戦心が形づくられた多彩な経験です。臨機応変に新しいスキルを身につける意欲で、ソフトウェア開発からグローバル規模での実働部隊の指揮、そして海外市場への進出まで、幅広い実績を誇っています。最高執行責任者として、テクノロジー及びビューティケア業界での20年超の経験を活かして、ライフバンテージのビジネスに新たな一面を付け加えてくれることでしょう。

異なる文化や市場に参入する際にサプライチェーンの各部署が直面する課題を理解したいと考えるマット以上に、このポジションの職務に対して熱意を持つ人はいません。新規市場で成功をおさめるために、異なる文化圏における適切な思考や成長/育成法を理解しようとする飽くなき意欲―そして異なる食文化への強い興味―が、マットの個性です。

マットの仕事の流儀は、どこで何の仕事をしようとも必ずポジティブな影響を周囲に与えることです。自身のチームのメンバーひとりひとりが、組織全体の問題解決に貢献できたと実感できるよう配慮を忘れません。

経営陣 カール・ オーレ 最高財務責任者

カールは、ダイレクトセリング業界で財務と会計の経験を15年以上重ねてきたエキスパートです。

カール・オーレは、2021年10月にライフバンテージの最高財務責任者に就任しました。24年超にわたって財務および会計業務を担当し、またダイレクトセリング業界での経験も15年以上のエキスパートです。海外進出およびオペレーション、M&A、財務計画ならびに分析、テクニカルアカウンティング、米証券取引委員会への報告実務、国際税務、資金管理など、多岐にわたる分野で広範な知見を有しています。

ライフバンテージ入社前には、50か国以上で展開し社員数1,000名以上を数えるMLM企業ニューエイジの最高会計責任者を務めていました。ニューエイジには、2005年に入社したモリンダ・ホールディングスが買収されたのを機に、本社コントローラー兼上級副社長として2018年から参画しています。モリンダ入社前には、KPMGに8年勤務し、最後はシニアマネジャーを務めました。
カールは公認会計士であり、ユタ大学の専門会計学課程の修士号を取得しています。

早く見つけて!素早く市場を探すために、どのページからでも入力を開始してください。